読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わんぱそ

山田太一の気ままに言いたい放題のブログです♪

たいようのマキバオーがアツイ!

f:id:yamada3yamada3:20160722103446j:plain

出典:プレイボーイコミックス

久しぶりに、ネットカフェに行くと昔懐かしのマキバオーがあったので読んでみました!11時40分頃入店して、帰りは22時に(笑)

しかし、本当に面白いので今回はそんな【たいようのマキバオーの魅力】を存分に語りたいと思います!

 たいようのマキバオーがアツイ!!

マキバオーを覚えていますか?

絵的に嫌いだと言う人も居そうですが…?

1994年から少年ジャンプで連載して、後にフジテレビでアニメにもなった作品で作者はつの丸先生

 

実は私は、途中までは見ていましたが正直、最後の終わり方等は、全く覚えていませんでした(多分見てないと思います)

 

1994年と言うと『ナリタブライアン』が三冠を達成した年

そんな年に連載を開始していたんですね(あまり興味はないが…)

 

さて、最終回を迎えたミドリマキバオーに続編が出たまでは知っていましたが、上記ある様に特にマキバオーの最終話も知らない、競馬も特に興味なく

そんな感じなので、見る事も無かったのです

 

しかし

 

面白い!

 

いちいち感動させられる展開

フィールオーライ事件にはビックリしましたが、これが現実何でしょうね…。

 

この作品の魅力は

馬がとても人間臭い所

泣いたり、笑ったり、拗ねてたり、怒ってたり、とても感情豊かに表現がされていて、それでいて現実の競馬を丁寧に表現されている。

往年の少年ジャンプらしい

友情・努力・勝利

が体言されているが、現実的に話も進んでいて、ギャグとの絶妙なバランスも保たれている。本当に作者のつの丸先生は天才かもしれない…。

 

大人になってから見ると、マキバオーは本当に面白い話です。

子供の頃には分からなかった、話の筋書きも、アツさもビシビシ伝わります

 

たいようのマキバオーってどんな感じ?

たいようのマキバオーは、地方競馬の実情を初期題材にしており

最初から強かった元祖マキバオーと違い、たいようのマキバオー(文太)は足元不安の為、中央競馬から地方の高知県に話の舞台は変わっています。

 

元祖マキバオーの妹(マキバコ)の子供の設定となり、見た目も元祖とそっくり同じ(画像参照)

 

物語はまだ完結していませんが2部構成になっています

高知から中央へ(たいようのマキバオー全16巻)

中央から世界へ(たいようのマキバオーW 現在18巻)

 

ちょうど『はるうらら』が同じ高知で人気であった事も繁栄されているのか、文太はとても弱い、競馬に出ても勝てない

元祖の時の様に、サクサクと話が書かれていないので、とても感情移入しやすく、多分元祖を見てないかたにも、競馬を知らない人でも、スグに話が分かる様に丁寧に書かれています。

 

元々足元に不安のある文太も高知競馬では大人気、マスコット的な役割を与えられて居ました。

負けても良い、でも怪我が無いように大外から走る競馬

 

しかし…

f:id:yamada3yamada3:20160722112755j:plain

勝ちたい…一生懸命走りたい…

厳しい高知の現状…万が一にも怪我をするのは許されない…

 

f:id:yamada3yamada3:20160722113624j:plain

たった一つの勝利で、物語は加速度的に大きく動き出すことに

 

ところで、つの丸先生って思ってたのとイメージ違うね…

 

小気味良く出されるギャグに、目頭が熱くなる展開、どれをとっても面白い『マキバオーシリーズ』ですが、作者のつの丸先生のイメージが全然イメージと違ってて面白かった、確かにアツイ言葉や台詞にも定評のある方なんですが

 

ギャグのイメージが強すぎたので、少しギャップがありました(良い意味で)

(右側が作者のつの丸先生)

 これからも良い漫画を書いてください!!

f:id:yamada3yamada3:20160722115055j:plain

 出典:https://twitter.com/